大阪歯科大学での恐ろしい授業現場の実態
クラス担任 西川泰央教授
平成24年10月大阪歯科大学構内にて、授業終了後、6人の学生が一人の無抵 抗の学生を取り囲み、その内3人が逃げられないように退路を断ち他の3人が被 害者の学生一人に対し暴行すると言う障害事件発生とのこと

被害者の学生は腕に障害を負いその後通院を行っている
加害者の学生に反省が認められないので被害者の学生が警察に告訴する
その後 被害者は、発表のほぼ全ての試験結果が不合格となる。
恣意的と思える試験結果



1 # 3 4 5 6 7 8 9